出雲 充(2012)『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。――東大発バイオベンチャー「ユーグレナ」のとてつもない挑戦』



居候していたライブドアに検察が入ってから、営業が難航したところは、
本当に大変だったんだなぁと思う。

培養が不可能と思われていたユーグレナ。その理由が栄養がありすぎるから、というのがおもしろかった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://okneige.com/weblog/mt-tb.cgi/267

コメントする

このブログ記事について

このページは、okneigeが2013年4月27日 10:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スティーブン・G・ブランク, ボブ・ドーフ(2012)『スタートアップ・マニュアル ベンチャー創業から大企業の新事業立ち上げまで』」です。

次のブログ記事は「高木慶子, 上智大学グリーフケア研究所(2012)『グリーフケア入門: 悲嘆のさなかにある人を支える』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。